エイジングケアレーザーキットでたるみはどのぐらい改善できる?

年齢を重ねた肌は、1つ1つの肌細胞がハリや弾力を失ってくるために、肌全体がたるみやすくなったり、ハリがなくなってダラリとした印象を与えてしまいます。これは肌細胞に含まれているコラーゲンの影響によるものと、肌を支えている表情筋の筋量低下が主な原因です。

コラーゲンはもともと体内で作られている成分ですが、25歳をピークに生成量が低下し始めます。アラサーやアラフォーになると誰でも肌細胞のコラーゲン量が少なくなり、ハリがなくなったなと感じ始めるようになります。また、年齢によって筋量が低下してしまうと、それまで支えていた肌を同じ位置に維持できなくなってしまい、顔全体の皮膚がたるむ原因となってしまいます。

肌のたるみを改善するためには、いくつかの方法があります。まず、エイジングケアレーザーキットのようなレーザー美顔器を使って、肌の表面だけでなく内側の細胞にもしっかり働きかけ、内側から新しい細胞を作り出す促進をすることが必要です。

また、肌表面からはたっぷりと保湿ケアを行うことで、1つ1つの肌細胞にたっぷりと水分補給や栄養補給をしてあげることも大切です。エイジングケアレーザーキットについている保湿ローションやセラムなら、贅沢な保湿成分やハリ・弾力成分が配合されているので、効率的なアンチエイジングケアができます。

エイジングケアレーザーキットで普段のスキンケアをしながら、肌を支えている表情筋を鍛えるエクササイズもおすすめです。表情筋は顔全体にある筋肉なので、鍛えるためには顔全体を使って発声してみたり、ヘン顔を作るなどで筋肉を刺激することができます。

例えば、ゆっくり時間をかけながら「あえいおうー」と顔全体で発音するだけでも、何回か繰り返せば顔が痛くなります。これは表情筋が鍛えられているという証拠。ハリや弾力を取り戻してたるみ解消するには大きな効果が期待できるエクササイズです。レーザー美顔器も表情筋エクササイズも、毎日の生活の中に上手に取り入れましょう。

⇒ あなたもお肌の生まれ変わりを体験しませんか?