5_a_17

田中宥久子さんってご存知でしょうか? 顔の筋肉をマッサージすることでたるみやほうれい線、しわを薄くすることができる「造顔マッサージ」を生み出した方なんです。

あなたも造顔マッサージを続けて若々しい小顔になってみませんか? スキンケアだけではなく、顔のインナーからケアしてみましょう!

造顔マッサージで田中宥久子ってどんな人?

まずは田中宥久子さんのご紹介から。1946年に福岡県に生まれ、美容師だったお母様の影響もあって、ご自身も美容学校卒業後にフリーランスのメイクアップアーティストとして活動してきました。

メイクだけではなく、顔のインナーから整えることが大切と造顔マッサージを生み出します。顔の筋肉をマッサージすることでほぐしたり、たるみを解消させて10年前の顔になれると大評判! ゴッドハンドと言われるようになり、多くの女性の支持を集めました。

この造顔マッサージはメイクアップアーティストとして長年活動する中で、メイクではなく顔本来が持つ美しさが大切と気づき考案されました。メイクは薄く、本来持つ美しさを引き出すことを目的としています。

残念ながら田中宥久子さんは2013年に若くして亡くなられていますが、造顔マッサージは今でも大人気で語り継がれています。美容家の中でも支持する方も多く、顔の変化が実感できる、誰でもできるマッサージとして紹介されています。

顔筋を鍛えるタメの具体的な方法

さて、顔の筋肉をほぐしてたるみ解消できるマッサージとなると、難しい方法なのかな? というのが気になりますよね。ここでいくつかの造顔マッサージをやってみましょう。顔の筋肉がいつもとちょっと違うと感じられるでしょう。

★リンパの流れを良くする小顔マッサージ

①まず準備として顔全体にクリーム状のものを塗ります。
ブドウの粒くらいの大きさを顔全体に塗って、摩擦を避けます。

②両手の中指3本でおでこの真ん中からこめかみ、顎関節、耳の下、首の横、鎖骨まで、顔の外郭から首横までをなぞっていきます。これを3回行います。

★口回りの印象をスッキリと

①中指3本であごの先端から口角へ向けて押し上げていきます。

②口角から鼻の下へ向かって動かしていきます。これを3回繰り返します。

口の周りを顎から鼻下まで一周するマッサージです。痛いときは脂肪やむくみがあるときです。

★たるみをなくしたい!

①中指3本の第一関節と第二関節まで使います。
まず顎の先から口角に向けて押し上げていきます。

②口角から小鼻へ向かって押し上げていき、目頭まで上げていきます。

③目の下を通ってこめかみ、耳の脇、首の横、鎖骨まで降ろしてきます。
これを3から5回繰り返します。

マッサージの注意点ですが
・クリームをつけて摩擦を避け、足りないなら途中で足すこと。
・力強くやるのは逆効果でちょっと痛い程度までにしておく

顔の耳周辺や首あたりにはリンパがたくさん流れています。ここに老廃物を流すようにすれば小顔になり、肌も透明感が出てきます。

小顔になればメイクもオシャレがもっと楽しくなる!

田中宥久子さんの造顔マッサージはこのほかにもたくさんあります。自分の特に悩みになっているポイントを行えば小顔になれちゃいます。

小顔になれば必然的に顔のパーツが大きく見えますよね。例えばむくみやたるみがなくなれば目や口が大きく見えて、メイクも映えます。印象的な顔になれる方法が造顔マッサージなんですよ♪

さらにリンパの流れを良くするので顔色も良くなり、肌艶も良くなるのでメイクも薄付きでOKになってきます♪ 肌色が明るくなるだけでも合うメイクの色のバリエーションも広がります。若すぎるかな? と敬遠していたカラーもメイクやファッションに取り入れられますよ!

マッサージで血行も良くなるから肌に栄養も行きやすい、新陳代謝も活発になるのでスキンケアもシンプルで十分になってきます。肌本来の美しさが出てくるので、それを引き出すようなケアで良くなるからコストも手間も省けちゃいますね♪

朝起きて顔色や艶が良ければテンションも1日アップしちゃいますよね? 気持ちよく仕事に家事にと頑張れちゃいます。そのためにはメイクだではなく、顔本来の美しさから鍛えてみませんか? きっと違った表情が出てくるはず!