5_a_10

気になるしみやそばかす…。何とかしたいと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

しみやそばかすに対処するためには、皮膚科や美容外科を受診するという選択肢もあります。この場合、主にレーザー治療やイオン導入といった治療法が行われます。

これらは一体どのような治療法なのでしょうか? レーザー治療とイオン導入、それぞれの特徴をメリット&デメリットとあわせて紹介していきます。

レーザー治療とは?レーザー治療のお勧めポイント!

まずはレーザー治療について見ていきましょう。そもそもシミとは、メラニン色素という肌の色素細胞が作り出す色素によって生じるものです。

レーザー治療では、肌の奥にあるその色素細胞に働きかけて色素を壊し、しみやそばかすを改善させていくことを目的としています。

しみやそばかすができる原因は人によって様々です。主なものとしては、年齢を重ねたことによる肌の機能低下、紫外線、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、ビタミンC不足などが挙げられます。

しみやそばかすはその原因に応じて対処していくことが大切です。そのため、どの原因によるものか、タイプに応じて治療法が異なってくることもあります。

レーザー治療は比較的幅広いタイプのものに対応することができます。加えて、大きいしみや濃くなってしまったしみにも対処することが可能です。

イオン導入とは?イオン導入のお勧めポイント!

次にイオン導入について見ていきましょう。イオン導入では、ごく弱い電流を流すことによって肌に働きかけていきます。

そうすることで肌への浸透力がアップし、ビタミンCなどしみやそばかすの治療に有効な成分が、肌の奥深くまで浸透するようになります。

肌の活性化を促し、より効果的に有効成分を吸収させてしみやそばかすを改善していく。それがイオン導入の治療目的と言えます。

痛みも特になく、治療にかかる時間も一般的に1回30分~1時間程度と比較的短く済みます。治療後にすぐメイクをすることもでき、時短や手軽さを求める上でも助かる治療法と言えるでしょう。

レーザー治療とイオン導入のメリット&デメリットとは?

レーザー治療とイオン導入には、それぞれどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか?

レーザー治療の場合は、治療後のケアが必要というデメリットが生じます。レーザーを当てた部分はやけどをしたような状態になるため、ガーゼや絆創膏でその部分を覆います。

加えて、治療後の紫外線対策をしっかり行わないと、かえってしみやそばかすが悪化する事態を招きます。

少々手間がかかるように思えるレーザー治療ですが、前述の通り、幅広いタイプのしみやそばかすに対処することができ、大きいしみや濃いしみの改善にも有効というメリットもあります。

病院や症状の程度によって変動はありますが、レーザー治療にかかる費用は1回1万円前後というケースが多いです。人によっては1回の治療で終わる場合もあれば、複数回の治療が必要となるケースもあります。

イオン導入は特にアフターケアが必要という訳ではなく、手軽に行える治療と言えます。ただし、効果を得るには繰り返し治療を受ける必要があります。

症状の程度や体質によって差はありますが、多くの場合、週1回~2週間に1回程度の頻度で3ヶ月ほどの期間治療を受けています。

費用に関しては、病院や施術内容によってばらつきはあるものの、平均して1回10,000円前後というところが多いです。週1回で3ヶ月治療を受けた場合は、トータル120,000円前後かかる計算になります。

それぞれのメリットやデメリットを把握して、自分にあった方法を選んでいきましょう。しみやそばかすに悩まされない美しい肌を目指したいですね。