スキン エイジングケアレーザーにはリスクがあるの?

スキンエイジングケアレーザーはレーザー方式の美顔器です。アメリカのFDAから承認された安全性の高い美顔器です。

慣れていない人が自宅で使っても事故が起きるリスクはとても少ないので、安心して自宅で安全に使うことができます。しかし、間違った使い方をすると、事故につながる危険性はありますから注意しなければいけません。

まず、肌のトーンに気を付けましょう。日本で販売されている商品は、日本人の平均的な肌トーンに合わせて開発されているので、レーザー照射をすることで火傷をする確率は低くなっています。

しかし、夏などに日焼けをしてしまって肌のトーンが濃くなってしまうと、レーザー美顔器を使うことによって火傷をする恐れがあるので注意しましょう。

レーザーはメラニン色素など色が濃いものに反応することが多く、そのメカニズムでシミやくすみなども改善することが可能です。しかし、日焼けをすると肌全体の肌細胞にメラニン色素の量が増えてしまうため、そこにレーザーを照射すると反応が過剰になって火傷の恐れが出てしまいます。

スキンエイジングケアレーザーでスキンケアをする場合には、できるだけ日焼けしないように意識して生活することが必要です。日焼け止めを塗ってもこんがり小麦色になってしまう人は、屋外に出る時間を制限したりして、肌が小麦色にならないように最善の努力をしましょう。

万が一日焼けした場合には、肌のトーンが元の状態に戻るまでは、レーザー美顔器はお預けとなります。

また、このレーザー美顔器は家庭で安全に使えるように開発されていますが、目の周辺に照射してはいけません。眼球細胞に含まれているたんぱく質がレーザーの熱によって凝固するリスクがあります。最悪の場合には失明してしまう可能性もあるので、安全のために目の周囲はできるだけ避けてレーザー照射するようにしましょう。

また、鼻の中などの粘膜部分にも、基本的にレーザー照射はNGです。遊び半分でNGな部位に照射してしまわないようにしてくださいね。これを守れば安心して使えます。

⇒ 美肌ケアにはトリアエイジングケアレーザー!