5_a_30

年齢を重ねるとともに、増えていくのが肌の悩み。特に40代になると、しわや肌のたるみ、毛穴が開いて目立つ状態などに悩まされることが増えてきたのではないでしょうか。

加齢による肌トラブルを防ぎ、若々しい肌を取り戻すにはどうすれば良いのでしょうか? 年齢肌を引き起こす原因とともに、その対処法を紹介していきます。

美肌成分が一気に減少するのが40代なんです

40代になってから肌のたるみ、しわが気になってきたという方は多いのではないでしょうか。この肌のたるみは加齢による肌の弾力の低下、皮膚を支える顔の筋力低下などによって起こります。

肌の弾力キープに欠かせないのがコラーゲンです。肌にはもともとコラーゲンが含まれていますが、これは40代を過ぎた辺りから減少していってしまいます。年齢を重ねることで、新たに美肌成分を作る力が落ちてしまうんです。

そのため、このくらいの年齢になると肌の弾力、ハリが失われてきたと感じることが多くなります。年齢肌の原因としては、まず、美肌成分の減少が挙げられると言えます。

べたつく?実は隠れ乾燥肌なのかも

加えて、年齢を重ねると肌を保湿する力も弱まっていきます。これにより肌が乾燥し、しわができやすくなってしまいます。乾燥もまた年齢肌の原因と言えるでしょう。

ならば保湿をすることが大切、ということになるのですが、「自分はオイリー肌だから乾燥している訳ではない」と思っている方はいませんか? このべたつきやテカりが気になる肌、一見オイリー肌に思えますが、実は乾燥肌かもしれないんです。

べたつきやテカりからオイリー肌に思えるものの、実は乾燥している肌、いわゆる「隠れ乾燥肌」。なぜ乾燥しているのにべたつくかと言うと、肌が乾燥から身を守ろうとして、皮脂を余分に分泌するからなんです。

さらに、乾燥から皮脂が余分に分泌されてしまうことで、毛穴が開いて目立ちやすくなります。そして毛穴に老廃物が溜まりやすくなってしまい、毛穴詰まりや黒ずみの原因を作り出してしまいます。

年齢肌対策には、乾燥対策が欠かせないと言えます。では、どのような対処法が効果的なのでしょうか?

年齢肌に負けないスキンケアには「超保湿」が一番!

年齢肌の予防、改善には保湿が大切と言えます。その際、40代頃から失われていくコラーゲン、コラーゲンを作り出す上でも役立つビタミンC誘導体、肌に含まれるヒアルロン酸やアミノ酸を補うことを意識しましょう。

そしてその前に、肌の汚れをきちんと落とすことも心がけてください。洗い過ぎて肌を傷めることのないよう注意しながら、洗顔をして汚れを落とし、そして肌のお手入れをしていきます。

化粧水や乳液、美容液などを馴染ませるときには、下から上へ向けて手を動かすようにしましょう。肌をリフトアップするよう意識して行います。ただし力の入れすぎには注意してください。かえって肌を傷めてしまう恐れがあります。

加えて心がけたいのが、肌に美容成分を浸透させるよう意識して、化粧水等を馴染ませていくことです。単に化粧水を肌につけるだけでなく、その上から手で押さえるハンドプレスを行って有効成分を肌に染みこませていきましょう。

ハンドプレスは化粧水等をつけた後、両手で顔を包み込むような形で、掌を使ってゆっくり圧力をかけて行います。じんわりと圧力をかけるだけでマッサージに似た効果も得られ、掌の熱で肌も温まるため、より効率良く美容成分が浸透するのを助けてくれます。

しっかりと乾燥対策を行って肌を保湿し、年齢肌を恐れない美しい肌を保っていきましょう。