5_a_26

顔が老けたなーと印象付けるものとして代表的なのが、シミやシワですよね。

シミやシワが目立つと、一気に老けた印象になっていしまいます。女性の多くは、アンチエイジングとしてシミやシワ対策のケアをしますが、実は「毛穴」のケアも大切なんですよ!

毛穴がたるんだり黒ずんだりすると肌色が悪くなり、肌表面もボコボコに見えてしまいます。ツルンとした滑らかな肌こそが、若々しいお肌を保つ秘訣というワケです。

ここでは、毛穴の正しいケアや予防策を紹介します!

毛穴が目立ちだしたら、年齢肌のサイン!?

「毛穴」と聞くと、小鼻のイチゴのような毛穴詰まりや、毛穴の開きなどが思い浮かびますよね。

毛穴の悩みは、大きく分けて3つあります。それは「詰まり」、「たるみ」、「開き」です。特にたるみと開きは、見た目も似ているので区別しにくいですが、この2つは全く違うんですよ!

毛穴の開きは、特に鼻の周りが目立ちやすいと言われています。皮脂が過剰分泌されるのですぐテカってしまい、べたつきやすくなります。

一方で毛穴のたるみですが、これは特に頬に現れ、30代に入ったくらいから急に目立つようになります。毛穴が細長くなり、毛穴と毛穴がくっついたように見えます。顔の皮膚を少し上に引っ張ると毛穴が目立たなくなるので、たるみだと分かるでしょう。

毛穴のたるみはコラーゲンなどが不足して起こるので、加齢による影響が大きいと考えられています。年をとるにつれてコラーゲンやヒアルロン酸が減り、肌の水分量やハリが失われ、皮膚がたるんでしまうのです。

もう年だから…と諦めるのではなく、毛穴のたるみを重点的にケアして、年齢肌に悩まないツルツル美肌をゲットしましょう♪

毛穴はたるむ!黒ずむ!

毛穴が楕円やしずくの形に見える「毛穴たるみ」。人のお肌は、加齢に伴ってハリや弾力がなくなっていきます。それはコラーゲンなどが減少することが原因で、それぞれ個人差はありますが、毛穴たるみになってしまう人がほとんどだと言われています。

また、毛穴の「黒ずみ」もお肌の印象を変えてしまう厄介な症状です。

毛穴から出た皮脂と角質が混ざって「角栓」ができ、始めは白っぽいのでそこまで目立たないのですが、長い間空気にさらされることで酸化し、黒いポツポツになってしまうんです。

角栓は毛穴の奥の方ではなく、入り口付近で詰まっているので、化粧水や美容液などをたっぷり使ったところで、有効成分はスムーズに浸透しません。

黒いポツポツがあると、どうしても指でニュルっと角栓を出したくなりますが、これはよくありません。毛穴が開きっぱなしになり、また再び角栓ができるので同じことの繰り返しになってしまうからです。

毛穴たるみも黒ずみも、大切なのは「洗顔」です。正しい洗顔をして毛穴をキュッと引き締めることで、毛穴の悩みとサヨナラできるはずですよ♪

予防するには毛穴を引き締めることが大切!

毛穴のたるみや黒ずみは、実年齢よりも老けて見られたり、スッピンに自信が持てなかったりなど、いいことは何もありませんよね。

化粧をして隠そうとしても、ボコボコな毛穴は意外と目立つもの。できれば、ゆで卵のようなツルンとした美肌になりたいという人がほとんどだと思います。

開いてしまった毛穴を閉じて目立たなくさせるのは、そう簡単なことではありません。できれば毛穴が目立って来る前に、毎日の「毛穴ケア」を行うことがとっても大切なんですよ!

まず1つ目は、化粧をきちんと落とすことです。毛穴にメイクが残ったままになると、毛穴が開いたままになり、トラブルの原因に…。クレンジングを使う時は、ササッと素早く落とすのが、お肌に負担がかからないポイントです。

そして2つ目が、氷水で引き締めることです。洗顔後に氷水につけることで、毛穴はキュッと閉じようとします。その働きが大切なんですって。コツコツ行うことで、少しずつ毛穴が小さくなっていくそうです。

3つ目は、化粧水をたっぷり使い、毛穴の奥まで保湿することです。毛穴が乾燥すると開きっぱなしになるので、十分に保湿することが大切です。

そして最後は、毛穴に詰まった汚れをきちんと取り除くことです。これは、入浴中がオススメです。浴室内の温かい室温と、お湯にゆっくり浸かることで発汗作用が働き、体内の老廃物を排出します。

年のせいだからと諦めるのは早いですよ! 毎日毛穴ケアをして、おばあちゃんになってもツルツル肌をキープしましょうね♪