5_a_27

たるみ毛穴とは、元々丸い形の毛穴が縦に長細く伸びてしまった状態のことを言います。主に鼻のあたりや頬にできやすいのが特徴です。

これがひょっとしてそのたるみ毛穴…? と、ドキッとした方、そのままにしておいてはいけません。年齢肌、つまり老けて見える原因になってしまうからです。

たるみ毛穴はお肌からのSOSシグナル。ケアが何か足りていないのかもしれません。今からでも遅くありません! たるみ毛穴を改善しましょう!

年齢とともに気になる毛穴のたるみを自己チェック!

30代頃から気になり始めることが多い、たるみ毛穴。いまいちどんな状態なのかわからない方も多いかと思います。

頬や小鼻横のあたりに縦に伸びたような毛穴がありませんか? それらしきものがあったら、その部分をピンっと伸ばしてみてください。薄くなりましたか?

目立たなくなったらそれはたるみ毛穴です…! 正面だけでなく横顔もチェックしてみると今まで気付かなかった部分が見えてくるかもしれません。

たるみヒアルロン酸不足が招く!顔筋の弱りが原因の場合も

肌年齢というものがある通り、お肌も年をとります。加齢によって肌の代謝が下がるとお肌の水分を保持する力は低下し、ハリや弾力を保つことが難しくなってきます。

元々身体の中にはヒアルロン酸やコラーゲンなどが存在していて、お肌の潤いを保つ役割をしてくれています。しかし、それらは加齢によって減り始め、その結果お肌の衰えにつながってしまうのです。

また、顔の筋肉が弱まることでもたるみ毛穴の引き金となってしまうことも…。筋肉は鍛えなければ脂肪などと共にたるんでしまいます。すると、たるんだ皮膚にひっぱられるように毛穴も伸びてたるみ毛穴へと変化してしまいます。

そしてもう1つ、ストレスには要注意です! ストレスがたまると血行が悪くなります。するとお肌に栄養が届き辛くなり、たるみの大敵である乾燥を引き起こすことになります。この状態ではせっかくケアしてもなかなか効果が見えてきません。

毛穴レスな美肌へ!有効なスキンケア成分と顔筋ストレッチ

たるみ毛穴を改善するにはお肌に栄養をもたらすスキンケア成分を化粧水や美容液を使って取り入れること! そして、顔の筋肉をしっかりと使うことがとても大切です!

お肌に良いとされる美容成分の代表格ともいえるのがセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸ではないでしょうか。これらは身体の中に元々ある成分です。加齢によって不足してくるのでしっかり補いましょう。

コエンザイムQ10という成分もよく聞きますね。実はこちらも体内で生成されるお肌の天然の美容成分です。抗酸化作用によって紫外線ダメージから守ってくれます。紫外線ダメージは肌老化につながるので、要注意です!

「ビタミンC誘導体」よく目にするようになりました。ビタミンCは老化や酸化を防止するという働きがあります。お肌にも取り入れることでビタミンCの恩恵に与かれるというわけです♪

顔筋を鍛えることもたるみ毛穴改善への一歩となります。簡単にできるストレッチをご紹介します。

1、右の頬をぷくっと膨らませる。計5回。
2、左の頬を膨らませる。計5回。
3、上の歯茎と上唇の間に空気を入れる。ゴリラのような顔になること5回。
4、下の歯茎と下唇の間に空気を入れる。5回繰り返す。

これだけで立派なストレッチになるんです。意識して動かすことが大事なんですね。たくさん笑って表情筋を使いましょう!

毎日コツコツとケアをすることが、毛穴のないつるんっとした美肌に近づく方法です。すぐに効果がでなくてもあきらめないでください。ケアしておいて良かったと思える日がくるはずです!