5_a_29

お肌の変化をひしひしと感じるようになる30代。特に毛穴が目立ってきた、皮脂分泌が気になってきたという方は多いのでは?

30代の毛穴ケアは将来の肌質を大きく変えます。しっかりとケアして毛穴レスで行きましょう!

30代は皮脂分泌が多いってご存知でした?美肌成分も減る過酷な時期

皮脂が分泌するのが毛穴ですよね?皮脂は潤いの蒸発を防いで乾燥から守ったり、外からの刺激をブロックしてくれたりする天然のガード役ですよね。ある程度は必要なんです。

でも、多すぎると酸化して黒くなったり、詰まったり、オイリー肌になったり、毛穴が開いたりとトラブルの原因になります。皮脂分泌量を適度に保ち続けることが美肌に必要なんですね。

皮脂は10代が多いと思いがちですが、実は20代後半から30代も多いんですよ! それも10代とは異なり、質の良くない皮脂が多く肌にとっては負担の多い時期でもあるんです。

30代になると皮脂は体の中で作り出された皮脂というよりは、食事からの油や体の巡りが悪く酸化した皮脂が多くなるので、分泌される皮脂の質も良くないのが現状。同じ皮脂量でも10代の皮脂の内容と30代とでは肌の許容できる量が違うんですよね。

そこにきて、肌の弾力や潤いを生み出す、守る美容成分も減少してしまうので、肌は負担が増えるばかり! これでは肌がどんどん疲れてきて質が低下して当然ですよね? 毛穴も皮脂で開いてしまって、それを閉じる弾力が足りていないのが30代なんです。

毛穴の開きは将来のシワ予備軍なんです!

30代は皮脂も意外と多く分泌されて、美肌成分も減ってしまう! それがダイレクトに表れるのが毛穴なんですね。でも、毛穴が目立って恥ずかしいだけでは済まされないかもしれませんよ。

というのも、毛穴の開きを適切にケアしないで悪化していくとシワに続いていくからなんです! 一見、しわと毛穴は別の原因と思いがちなんですが、毛穴が目立つ肌はすでに乾燥や弾力不足の状態で抵抗力や復元力が弱っています。

それが進むと毛穴の大きさがどんどんと大きくなり、最初はぽつぽつだったのが縦長になってきて、やがて毛穴同士の距離が近くなりつながったようになります。点から線になってしまうんですね。

肌にできる線と言えば、シワ! 毛穴の開きがシワを招いたり助長させてしまうので侮ってはダメなんですね。毛穴同士がつながってしまう前に改善させるケアをすることが重要なんですよ♪

しわになってしまうと全部を消すのは至難の業です。でも、点ならちょっと小さくするだけでも違いが出ますし、目立つ毛穴を半分に改善できれば肌の印象もアップして、毛穴同士の距離も離れてシワ予防にもなりますよね?

毛穴が気になったらシワの予備軍と思ってケアに本腰を入れるチャンスなんです! 毛穴の段階ならリカバリーしやすいですよ!

30代は年齢肌を活性化させるスキンケアに重点を置こう!

30代は毛穴ケアが美肌のポイント、将来の肌のポイントになります。そこでどんなケアがいいのか、いくつかご紹介しましょう。

①肌のハリを持たせる成分を補う

肌のハリ、弾力があれば毛穴は垂れてきません。残念ながらこの役割をしてくれる成分は30代では減少するばかりなので、外から補ってあげる必要があります。

代表的なものにコラーゲン、レチノール、セラミドがあります。配合された化粧品を選んだり、しっかりとハンドプレスや美顔器で奥に届けるようにすると弾力が増してきます。

②ピーリング洗顔を行う

一般的な洗顔料では肌の表面近い部分の毛穴汚れしかとれません。定期的にピーリング洗顔を行うと原因そのものから取り去ることができます。

貼ってはがすタイプの毛穴ケアがありますが、これだと必要な皮脂や角質まで取れてしまい肌のバリアもなくなります。さらに刺激になるので良くありません。ピーリング洗顔を週1回の方がしっかりと毛穴をきれいにできます。

③お肌活性化には保湿は欠かせない

毛穴のケアだけと考えずに肌をトータルでケアしていくことが毛穴レスな肌にもつながります。

そのため肌の機能を妨げる活性化酸素を出す紫外線、たばこ、脂の多い食事、睡眠時間なども可能な限り整えましょう。また、肌の細胞が元気に働くためには保湿は必要です。しっかりと潤いをチャージして、こまめに肌をいたわりましょう。