毛穴詰まりはスキンケアの大敵とも言えます。何とかしたいとゴシゴシ洗ったり無理矢理汚れを押しだそうとしたりすると、かえって肌を傷めて肌トラブルのもとになりかねません。

そんなときに試してみて欲しいのが、ホホバオイルと綿棒を使ったスキンケアです。使うのはオイルと綿棒だけ。お手軽な毛穴ケアについて紹介していきます。

綿棒とオイルで毛穴をクリアにする方法とは!?

オイルと綿棒を使って毛穴詰まりを改善させるには、まず、綿棒にオイルを十分に染み込ませます。その綿棒を使って、鼻など毛穴詰まりが気になるところを優しくマッサージしていきましょう。

円を描くように綿棒を動かしながら、優しい力でマッサージを行うよう気を配ってください。強い摩擦を与えてしまうと肌がダメージを受けてしまう恐れがあります。力を入れすぎず、そっと優しく行っていくことが大切です。

このとき、綿棒がうまく肌の上を滑っていかないと感じたときは、無理にそのまま続行させるのではなく、滑りが良くなるよう綿棒に含ませるオイルを足したり、肌にオイルを馴染ませたりしてみましょう。

その後は洗顔料をよく泡立てて顔を洗い、しっかり保湿を行います。また、このケアを行う前にはメイクをきちんと落としておくことも忘れずに。

ホホバオイルの保湿性で角質を柔らかく♪乾燥肌の改善にもなる!

この綿棒とオイルと使っての毛穴ケアですが、使うと効果的なオイルのひとつにホホバオイルが挙げられます。

ホホバオイルにはワックスエステルという成分が含まれています。これは皮脂に含まれているのと同じ成分で、皮脂が不足して肌が乾燥しているときにはこれを補い、肌を保湿する役割を果たしてくれます。

しかも毛穴詰まりはターンオーバーがうまく行われず、古い角質が毛穴に残ってしまい、そこに皮脂などの老廃物が溜まることで起こります。

ホホバオイルは余分な皮脂を溶かして排出するのも助けてくれるため、皮脂が余分に分泌されているときはそれを取り除き、不足しているときはそれを補って肌を乾燥から守るという、スキンケアにおいて高い能力を発揮してくれます。

皮脂を上手にコントロールして肌の調子を整え、美しく健康的な肌へと導いてくれる…。そんなホホバオイルを使うことで、より効果的に毛穴ケアが行えると言えます。

マッサージは短時間で肌に刺激にならない程度を目安に♪

きれいにしたい気持ちから力を入れてマッサージしてしまったり、長時間やってしまったりすると肌を傷めてしまいます。

やり終わった後に肌が赤くなる程マッサージをするのは避け、肌が赤くならないよう注意しながら、かける力と時間を調節して行いましょう。頻繁に行うのも避けて、週1回程度の頻度に抑えます。

使用するオイルは綿棒の滑りが良くなる程度を目安に使用し、オイルを使い過ぎて肌がべたついた場合は、マッサージ後洗顔料でしっかり落とすことを心がけてください(このときもゴシゴシ顔を洗わないよう、しっかり洗顔料を泡立て、泡で肌を洗うよう意識しましょう)。

毛穴詰まりのケアを行うためには、焦らず優しい力で行うことが大切を言えそうです。また、マッサージを行う前に蒸しタオルを使ったりすると、毛穴が開いてより効果的に毛穴詰まりが解消できます。

毛穴詰まりに悩んでいる方は、オイルと綿棒の簡単ケアを試してみてはいかがでしょうか。