スキンケアに気を遣っているはずなのに、毛穴詰まりが解消されない…。そんな悩みを抱えている方はいませんか?

毛穴に溜まった汚れを取り除くには、綿棒とオイルを使ったケアが効果的です。用意するのはこの2つだけなのに、しっかり毛穴汚れが落ちちゃうんです。

ニキビの原因にもなる恐れがあり、美肌の大敵とも言える毛穴詰まり。なぜ綿棒とオイルだけでケアできるのか? 実践方法とともにその仕組みを紹介していきます。

用意するのは綿棒とオイルだけ!めっちゃとれる角栓にビックリ!

ケア方法は至って簡単です。オイルを染み込ませた綿棒で優しく肌をマッサージし、その後洗顔して余分なオイルを落とすだけ。因みに毛穴ケアを行う前には、きちんとクレンジングをしてメイクを落としておきましょう。

なぜこれだけで毛穴詰まりが解消されるのかというと、毛穴詰まりの原因となっているのが古い角質、そして皮脂や汗などの老廃物だからです。

肌が新しく生まれ変わるターンオーバーがうまく行われないと、古い角質が毛穴に溜まってしまいます。そこに皮脂などの老廃物が詰まってしまうことで毛穴が詰まってしまいます。

つまり、毛穴ケアを行うためには毛穴に詰まった皮脂などの老廃物を取り除くことが必要と言えます。このとき、効力を発揮するのがオイルなんです。

昔から油は油で落とすと言われているように、オイルが皮脂汚れを浮かせて落とすのを助けてくれます。だからオイルを使ってマッサージをするだけで毛穴汚れが落ちていくという訳です。

洗顔では毛穴の奥は綺麗にできない?オイルなら毛穴にフィット♪

美肌のためには肌についた汚れをきちんと落とすことが大切です。そのため洗顔をちゃんと行うことも必要なのですが、洗顔料では毛穴に詰まった汚れを十分に落としきれないことがあります。

とは言え、きれいにしようと洗い過ぎてしまったり、強い力でゴシゴシと洗ってしまったりするケアのし過ぎは逆効果。肌を傷め、かえって肌トラブルを招いてしまいます。

前の項目でも述べた通り、オイルを使えば肌によく馴染み、毛穴汚れを溶かして取り除くのを助けてくれます。しかも不足しがちな皮脂を補って保湿してくれるので、乾燥による肌トラブルも予防してくれます。

ただし、オイルを使ったケアでもやり過ぎは禁物です。同様に肌を傷める結果を招いてしまいます。綿棒はくるくると円を描くように動かし、優しくマッサージをしていきましょう。

肌が赤くなるまでマッサージをしてしまうのはやり過ぎです。そうならない程度に力加減と時間を調節し、適度に汚れが取れたと感じるところまでにしましょう。頻度も週1回程度に抑えてください。

人の皮脂に近い成分のオイルを選ぶのがカギ

オイルは似たように油分を含む皮脂汚れを取り除き、そして皮脂が不足しがちなときはそれを補ってくれると前の項目で述べました。

綿棒とオイルで毛穴ケアを行う際は、人の皮脂に近い成分のオイルを選ぶと、より高い効果が得られると言えます。

スキンケア用のオイルには様々なものがありますが、中でも皮脂に近い成分を含んでいるのはホホバオイルです。

皮脂にはワックスエステルという成分が含まれているのですが、ホホバオイルにはこの成分が豊富に含まれています。

しかもビタミン群も豊富に含まれているので、毛穴ケアをして保湿を行うだけでなく、エイジングケアにも効果的です。

毛穴汚れを防いで美しく健康的な肌を目指すため、ホホバオイルを毎日のスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。