5_a_34

毛穴詰まり、毛穴の黒ずみが気になって、鏡を見るたび憂鬱な気分に…。そんな悩みを解消するためには、毎日の洗顔に気をつけることが大切と言えます。

美肌を目指すためにはどのような洗顔を心がければ良いのでしょうか? 普段のケアに取り入れられるちょっとした工夫を紹介していきます。

皮脂やメイク汚れや乾燥は毛穴の黒ずみに直結!

そもそも毛穴の黒ずみは、余分に分泌された皮脂、古い角質、メイクによる汚れなどによって起こります。角栓の原因にもなるこれらの老廃物が毛穴に溜まってしまい、毛穴の黒ずみや毛穴が開いて目立ちやすくなる状態につながっていきます。

他にも、乾燥が原因となって毛穴の黒ずみが起こることもあります。肌が乾燥すると、それを改善しようとするために肌は皮脂を分泌します。このとき皮脂が必要以上に出されてしまい、それが毛穴に詰まることで毛穴の黒ずみが引き起こされてしまうのです。

それだけでなく、ターンオーバーの乱れも毛穴の黒ずみに関係します。古い肌から新しい肌へと生まれ変わるターンオーバーがうまくいかなくなると、毛穴の黒ずみだけでなく、肌荒れなど様々な肌トラブルが起こりやすくなります。

ターンオーバーの乱れは、疲労やストレス、睡眠不足や運動不足、偏った食生活などが原因となり得ます。健康的な生活を送ることは美肌のためにも大切と言えるでしょう。

では、普段のスキンケアについてはどうでしょうか? 毎日のケアの中、簡単にできる毛穴の黒ずみ対策にはどのようなものがあるのでしょう?

洗顔前にひと手間!蒸しタオルで毛穴を開く準備をしよう

毛穴の黒ずみに対処するため、役立つのが蒸しタオルです。蒸しタオルによって毛穴が開くため、そこに溜まった汚れが落ちやすくなります。

蒸しタオルで肌を温めた後、よく泡立てた洗顔料で優しく顔を洗いましょう。洗顔を終えたら水で少し冷やして毛穴を引き締め、その後化粧水等でしっかり保湿を行います。

蒸しタオルは濡らしたタオルを電子レンジで1分弱(500Wか600W)温めれば良いだけなので、簡単に用意することができます。毎日の洗顔にひと手間加えることが、毛穴の黒ずみに対処する第一歩と言えそうです。

落とそうとゴシゴシ擦るのは汚れを押し込むだけのNG行為!

毛穴が黒ずんでいると汚れが原因だと思いがちです。実際そうではあるのですが、汚れを落とそうとしてゴシゴシ強い力で洗うと、かえって逆効果になる恐れがあります。

強い力で肌をこすると肌が傷んでしまい、肌はダメージから身を守ろうと角質を作り出そうとします。その結果、角質が毛穴に溜まって黒ずみにつながることがあります。洗いすぎにより肌が乾燥し、皮脂が余分に分泌されて毛穴詰まりを引き起こすこともあり得ます。

それだけでなく、指で強い力をかけてしまうと、きれいにしようと洗っているはずが、毛穴に汚れを押し込んでいるだけになってしまうことも…。洗顔をするときは洗顔料をたっぷり泡立て、泡で優しく洗っていくようにしましょう。

また、洗顔料を選ぶ上でも気をつけたいことがあります。角栓や毛穴の黒ずみの原因となる古い角質をきれいに落とすには、たんぱく質系の汚れに作用する洗顔料を選ぶと良いでしょう。植物性酵素が含まれるもの、ピーリング効果のあるものなどが効果的です。

洗いすぎて肌にダメージを与えてしまうことのないよう気をつけながら、日頃のケアにちょっとした工夫を加えて毛穴の黒ずみに対処していきましょう。無理なく美肌を目指していきたいですね。