5_a_13

顔の印象は見た目印象に大きな差を出します。若々しい顔に見せるには肌艶やハリ、弾力は必須ですよね。老け顔にならないために、まずは自分でできることから始めませんか?

顔筋トレーニングがフェイスライン&ほうれい線に効くって本当!?

顔の年齢を老けさせてしまう要因で大きなものに「たるみ」と「ほうれい線」があります。ほうれい線やたるみが頬に出てくれば、二重顎や顔の輪郭まで大きくしてしまい老け顔をどんどん加速させてしまいます。

ほうれい線は1センチ長くなると6歳老けて見えると言います。逆に薄くするだけで見た目印象も若返ります。顔の弾力を取り戻して輪郭をシャープに小顔にすれば、ぼやけた印象から目や鼻がくっきりはっきりして明るい印象になれますよ!

たるみやほうれい線はスキンケアも大切ですが、実はそれだけでは解決できないこともあるんです! 顔も筋肉でできているから、スキンケアだけでは限界があるんですね。

体と同じで顔も筋肉がベースにあります。筋肉が落ちると脂肪になりたるんでしまうのはヒップや太ももやおなか周りと一緒! 顔も筋トレやストレッチをしないとだんだんと重力通りに下へと下がってきてしまうんですね。

そこで顔筋トレーニング! 顔の筋肉も鍛えないと、動かさないとどんどん衰えてきて、たるみやシワになります。日常生活で動かす顔筋は決まったものばかりで、半分くらいしか使っていないとか。だからこそ、意識的に動かす顔筋トレーニングが有効なんですよ♪

自宅で簡単にできる!顔筋トレーニングの方法

顔の筋肉トレーニングは自宅でちょっとした隙間時間でできますし、道具も不要です。今すぐ、誰でもお金を使わずにできちゃうので、実践してみませんか?

まず、ほうれい線に的を絞った顔筋トレーニングです。

★舌引っ張り運動

①舌を右の頬っぺたの内側の中心に舌が引きちぎれそうなくらい伸ばして押し当てます。その状態で10秒したら、その舌の状態のまま上下に10回動かします。

②同じことを今度は左の頬でも行います。1回あたり左右3回で1日3回は行いましょう。意外と頬がだるくなります。頬を伸ばすことでほうれい線をほぐすことにもなり、さらに筋肉も使います。

★ベロ回し運動

①口を閉じたまま舌を歯茎に沿うようにして右回しにします。一周したら左回りにします。

②これを1分間から続けましょう。慣れてきたら時間を伸ばすと良いでしょう。舌と口回りの筋肉を鍛えることでたるみにストップをかけます。歯を磨いた後にやるのがお勧めですよ♪

次にフェイスラインをスッキリさせるトレーニング

★オトガイ筋トレーニング

①顎をあげて上を見るような姿勢になります。そこから唇を思いっきり突き出して息を吐きだします。

②息を吐ききったら息を吸いながら戻します。これを3回繰り返しましょう。二重顎対策やフェイスラインをスッキリさせて小顔にする効果があります。

知っておきたい!顔筋トレーニングのコツ

顔筋トレーニングは2、3日で効果が出るようなものではありません。繰り返すことでだんだんと筋肉がハリをもって強くなっていきますので、ある程度の時間は必要ですので焦らず根気よく続けましょう。

筋肉が修復されたり、増えていくためには水分が必要です。血液の水分よりも筋肉の水分量の方が多いくらいですから、顔のように外気にあたって乾燥しやすい場所にはさらに水分が必要なんですね。トレーニングしつつ、いつも以上にこまめに保水や保湿にも心がけましょう。

トレーニングには注意点があります。左右均等に行うことが大切です。顔も噛み癖や頬杖を突くなど偏った癖があると筋肉バランスが崩れてゆがみやたるみにもなります。同じことがトレーニングでも言えますので、同じ力加減で同じように行いましょう。

また、筋肉だけを鍛えるようにしましょう。肌そのもの強い力でマッサージしたり摩擦を加えても刺激になるだけで筋肉を鍛えることはできません。筋肉をほぐそうとしてマッサージする方もいますが、肌を傷めてしまうのでトラブルの元になります。

力づくではなくちょっと頬や口回りが痛くなったり締まる感じがする程度から始めましょう。食後など決まった時間に取り組んでいけば、スッキリと若々しい顔に近づくことができますよ♪