5_a_18

昔と比べて顔が大きくなったな…。顔の輪郭にシャープさがなくなった…。なんかヘアスタイルがに合わなくなってきた…。そんなことがあったら、もしかしたら顔の筋肉の衰えかもしれません。鍛えたりほぐして本来のスッキリを取り戻しましょう!

顔筋を鍛えると小顔になる理由とは?

年齢をとると顔が大きくなったり、ハリがなくなったりでぼやけた印象になってしまいます。その原因も複数あり、多くの方が当てはまります。

★噛み癖、姿勢の悪さ、左右どちらかに偏ってしまう(例えば足の重心、寝る姿勢、頬杖)

★新陳代謝の悪さや運動不足からリンパの流れが悪くむくむ

★肩こりや首コリによる筋肉コリ

★表情が少ないので筋肉を使わなくなる

どれをとっても顔の筋肉が緊張状態になってしまい、柔軟で弾力のある状態ではありません。すると! 筋肉が凝って血流やリンパの流れが悪くなり、不要なところに脂肪がついたり、水分が溜まってしまうんですね。

それを解消するだけでもスッキリになるんです。顔筋を意識的に動かすことで、コリも解消して血流やリンパの流れも良くなります。また、脂肪に変わりつつあった顔の筋肉もハリを持たせることができます。結果として小顔になってくるんですよ♪

マッサージするだけでリフトアップ&小顔

では、早速、顔筋力をアップさせるマッサージのやり方を実践!

【顔のリンパ全体を活発にする】

①耳の真ん中の外端をもって、やや後ろに耳を引っ張りながらぐるぐると回すこと30回。

②次に指で顎先から耳に向かってあげてきます。

③耳から首を経由して鎖骨に下ろしてきます。
鎖骨を端から真ん中になぞってきて、最後に鎖骨の真ん中で押さえます。

リンパの流れを全体的に良くしてスッキリさせてリフトアップできます。強くやらなくても、なぞる程度で十分刺激できます。

【目、大きくなった!? パッチリ体操】

この体操のやり方のポイントは目の周りの筋肉だけで行うこと! おでこにしわが寄ってはダメです。

①目玉が飛び出るくらい思いっきり目を開きます。このまま10秒キープ

②反対に目を思いっきり閉じます。これも10秒キープ

おでこの筋肉を使わず目だけで行うのは意外と大変…。これを日々繰り返すと瞼のたるみや目の周りの筋肉が鍛えられ、目元のむくみも解消、パッチリ目元になってくるんですよ。コンタクト使用者は外してからにしましょう。

続けていけばマイナス10歳肌も夢じゃない!

顔筋マッサージも体操も数日で効果が出るものではありません。筋肉は使うほど鍛えられて、増えていきますので時間がかかります。続けることが大切なんですね。

肌のハリが増したり、たるみが緩和されるだけでも見た目年齢は違ってきます。たとえシミがあっても肌のハリがあれば若々しく見えるんです! 欠点を自分の力でカバーできるのが顔筋マッサージなんです。

ほうれい線や頬のたるみが1センチ増えるだけで6歳も年齢が老けて見えるそうですから、それが緩和して肌艶も良くなればマイナス10歳も夢じゃないですよね♪ しかも健康的になるからいいことづくめ!

筋肉が増えていくには水分も必要ですから、合わせて保水、保湿もしっかりと行っていきましょう。きっと1か月、2か月後には明るい表情になっていますよ! 楽しみにコツコツ続けましょう。

顔も筋肉の塊ですから、鍛えなければ脂肪に変わって重力通りに下がってくるだけ。さらに顔は厄介なことに周りにリンパが集まっていますのでむくみやすい! 意識的にほぐしたり鍛えないと体の他の部分より顕著に出てきてしまうんですね。

長年の積もりに積もった癖やむくみ、コリをほぐしつつ鍛えて、顔の筋肉本来の状態にケアしてあげませんか? 顔筋マッサージもしつつ、普段からよく笑いしゃべるのも筋肉を使うことになりますよ♪ つまり楽しくハツラツと過ごすのがいいんですね!