5_a_7

楽しかった夏も終わり、秋の気配ですね。海に、プールに、スポーツにとたくさん遊んだあなたほど、こんなに日焼けしちゃったな…と後悔する時期ではないでしょうか。日焼けの影響が気になりますね。

もちろん、それほどレジャーはしていなくても日焼けすることはあります。ついうっかり日焼け止めをつけ忘れてしまって、なんてこともあるのではないでしょうか。一度してしまった日焼けが将来どのように肌トラブルにつながるのか、気になりませんか?

日焼けで肌トラブルリスクが高まる?

楽しいレジャーには日焼けはつきものです。特に夏は、日焼け止めを塗っていても、汗で日焼け止めがとれてしまって、そのまま楽しく過ごしているうちにびっくりするほど日焼けしている、ということがあると思います。

日焼けは4月~9月によく見られますが、特に夏は紫外線が強いためその影響は大きいです。日焼けは将来的にみると肌の老化やがんの原因にもなります! これはとても怖いことですよね。

やっぱり日焼けなんかしなきゃよかった、と思う人も多いはず。短期的にみても、重症の場合は発熱や悪寒、脱力などの症状が現れることもあり、夏は特に気を付けましょう。

顔の日焼け対策で将来のあなたを守る!

体の中でも顔は特に必ず人から見られる場所なので、気になる人も多いはず。顔の日焼け対策としては、日焼け止めをむらなく塗る、こまめに塗り直すということが第一に考えられます。

ただ、これだけでは不十分で、目から入ってくる紫外線もカットしなければいけません。サングラスやUVコンタクトを使うとよいでしょう。さらには帽子やUVサンバイザーを被る、UVカットマスクやUVフェイスカバーをするというのも有効です。

また、日焼け止めは去年のものは使わないほうが無難です。通常開封後1年以上たつと雑菌の混入等によって品質が低下している恐れがあります。直接肌につけるものなので、今年買った日焼け止めを使いましょう。

日焼けを治す!肌トラブルを回避しよう!

日焼けはやけどと同じ状態です。ひどい状態になると皮がめくれたり、吐き気や発熱を伴うこともあります。まずは熱をもっているので、冷やすことが大切です。

ただ冷やすといっても氷水などの冷たすぎるものはNG。血管が収縮して肌の再生化が遅くなってしまいます。体温と同じくらいのぬるいシャワーを浴びて、冷やしすぎないことがポイントですよ。肌は日焼けで傷ついているので水圧が強いと、余計に肌を傷めてしまう可能性もあるので、お気をつけください。。

ほかにも基本的な睡眠と栄養も大切です。ホルモンのバランスをとる午後10時~午前2時の睡眠のゴールデンタイムの間に、熟睡できているとベストです。

また肌に良い栄養素はビタミンA、C、Eです。ビタミンAはレバーやうなぎ、卵など、ビタミンCは緑黄色野菜や果物ビタミンEはナッツ類などに多く含まれます。

もちろん日焼けを早く治すには外側からのお手入れも重要です。日焼けした肌は乾燥して脱水状態なので、とにかく保湿が重要です。ただここでポイントとなるのは、早く回復したいからといっていきなり美白用化粧品を使わないこと。作用の強う化粧品は刺激も強いので、炎症をおこしている肌には逆効果なのです。敏感肌用などの低刺激でシンプルな保湿をすることです。

またワセリンも肌の弱い人でも使える保湿剤なので、化粧水をつけワセリンでパックするのもおすすめです。日焼けしてしまっても落ち着いて対処して、肌トラブルを回避しましょう!