トリアスキン エイジングケアレーザーで肝斑は取れる?

肌の表面に出ているシミにはいろいろな種類がありますよね。例えば、日焼けによるシミは老班と呼ばれていますし、女性ホルモンのバランスが崩れたりストレスなど体の内側に原因があるシミは肝斑と呼ばれています。見た目的には同じように見えますが、それぞれ特徴や対策法は大きく異なります。

一般的に、美容皮膚科や美容クリニックにおけるシミ取りレーザー治療は、老班のように肌の外側に原因があるシミに対しては抜群の効果が期待できますが、体の内側に原因があるシミに対しては効果があまり期待できないと言われています。

家庭用トリアスキンエイジングケアレーザーを使う場合にも、肝斑に対しては老班と同じような美白効果は期待できないかもしれません。

このタイプのシミは目尻のそばに多くできやすく、そのものに対しては家庭用レーザー美顔器を使っても大きな効果は感じられないかもしれません。しかし、肝斑と老班が混じっているシミに対しては、美白効果を実感できます。

同じように見えるシミでも種類によって肌のどのぐらい深い部分にシミができるかが異なるので、トリアスキンエイジングケアレーザーを使って照射すれば、表面に近い部分にできる老班をすっきりと蒸散できるので、見た目のシミの色を薄くすることができます。

もしも目尻の部分に気になるシミがある場合には、そこにトリアのレーザー美顔器を使っても肌がトラブルを起こす心配はありません。色が濃くなってしまっているシミなら、レーザー照射によって色をある程度薄くすることも可能です。

根本的な完治を目指したい場合には、ハイドロキノンのような漂白成分が入ったクリームを皮膚科で処方してもらったりする方法も効果的です。また、紫外線に当たると色が薄いシミでも濃くなってしまいますから、シミができないように普段からしっかりと日焼け止めを使って紫外線対策をすることも必要です。

⇒ 肌の奥深くからケアできるのはトリアの美顔器!