5_a_11

きれいな肌を目指す上では、肌の悩みがつきもの。日頃のスキンケアでは今ひとつ効果が出ない…。そんな悩みを抱えてはいませんか?

そんなとき、美顔器を試すというのもひとつの手です。市販のものを使えば、美容外科などで施術を受けるよりも比較的リーズナブルにケアが行えます。

美顔器にはいくつかタイプがありますが、ここではイオン導入美顔器について紹介していきます。是非ご参考ください。

イオン導入美顔器とは?どんな効果があるの?

そもそもイオン導入美顔器とはどのようなものなのでしょうか?

このタイプの美顔器は、肌にごく弱い電流を通し、ビタミンCなどの有効成分を肌の奥深くまで浸透させていくことを目的とします。

そうすることで肌がより多くの有効成分を吸収することができ、保湿効果のアップや美肌効果が望めます。しみやそばかす、肌のくすみ、しわなどの改善にも効果的です。

肌本来が持つ能力を高めて活性化を促し、肌がきれいになるよう改善していく。それがイオン導入美顔器の働きと言えるでしょう。

イオン導入美顔器で美容成分が肌の奥深くまで浸透する仕組みとは?

それでは、イオン導入美顔器を用いると、なぜ美容成分が肌の奥まで浸透するようになるのでしょうか? イオン導入美顔器の仕組みについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

わたしたちの肌はいくつかの層に分かれています。日頃行うようなスキンケアでは、肌への有効成分は一番上、つまり表面の層にしか浸透することができません。

肌はもともと電気を帯びており、層によってプラスとマイナスの偏りが見られます。表面の層はプラスの陽イオン、奥にある層はマイナスの陰イオンが多く存在しています。

この層によるプラスイオンとマイナスイオンの偏りによって、肌表面の層と奥側の層の間には、ごく弱い電気の流れが生じています。

これが言ってみればバリアのような役割を果たし、化粧水や美容液をつけたとき、その有効成分が奥の層へと浸透するのを防いでいるのです。

イオン導入美顔器を使うことで、肌に非常に弱い電流が流れ、肌の層によるプラスイオンとマイナスイオンの偏りが和らぎます。すると、バリアの役割を果たしていた、もともと肌に流れている電気の働きが弱くなります。

バリアの力が弱まることで、本来なら肌の表面の層にしか浸透しなかった有効成分が、奥の層まで染みこむことができるようになります。

肌がもともと持っている電気によるバリアを、同じく電気を流すことによって弱めていく。これがイオン導入美顔器が、肌のより奥深くまで有効成分を行き渡らせる仕組みと言えます。

イオン導入美顔器を使用する際の注意点とは?

市販のイオン導入美顔器は、20,000~50,000円程度で購入できるものが多く、軽量で小型のものも多いため比較的手軽に試せる美顔器と言えるでしょう。

とは言え使い過ぎてしまうと、肌を傷めてしまうなど、かえって肌トラブルを引き起こす危険性があります。

イオン導入美顔器を使用する際は添付の説明書をよく読み、それに従って正しい頻度で使用するようにしてください。長時間の使用も避けましょう。

また、妊娠中の方、授乳中の方が使用する際は注意が必要です。ごく弱いものとは言っても、イオン導入美顔器を使うと体に電気を流すことになります。

体に悪影響を及ぼす恐れもあるため、使用する前に美容外科や皮膚科などの専門医に相談するようにしましょう。ペースメーカーを装着している方も同様に使用前に医師に相談してください。

正しく美顔器を使い、きれいな肌を手に入れていきたいですね。