ほうれい線を消す!家で使える美容グッズ

せっかくきれいにメイクをしたのに、ほうれい線のせいで老け顔に…。鏡の中の自分、写真に写る自分の顔にぎくりとすることもあるのではないでしょうか。

何とかしたいほうれい線は一体どうしてできてしまうのでしょうか。ほうれい線の原因を探るとともに、ほうれい線対策に家庭で使えるアイテムも紹介していきます。自分の顔にもっと自信を持つため、ほうれい線ケアを試してみませんか?

醜いほうれい線…どうしてできるの?

年齢を重ねるとともに筋力は低下する傾向にあり、体力が低下する、転倒のリスクが高くなるといったことが起こります。この筋力低下ですが、体だけでなく顔にも同じことが言え、ほうれい線にも重要な関係があるんです。顔にある筋肉の筋力が落ちると、肌がたるんでしまいます。この肌のたるみがほうれい線の原因となってしまうのです。

また、乾燥や紫外線による肌のダメージも、ほうれい線を改善させるためには注意したいポイントです。肌の水分量が減ってしまったり肌がダメージを受けたりすることによって、肌のハリが失われて肌がたるみやすくなります。それにより、ほうれい線が目立つ結果を招く恐れがあります。

顔の筋力低下、肌のダメージ…。ほうれい線対策のためにはこれらに対処し、筋力と肌のハリを保つことが大切と言えます。

家庭で簡単にほうれい線を消すためのアイテム

家庭で簡単に使える、ほうれい線ケアのためのアイテムには美顔器が挙げられます。美顔器にも様々なタイプのものがありますが、ほうれい線ケアに適したものとして超音波美顔器があります。超音波による振動や温熱などで血行やリンパの流れを改善させ、肌のハリを取り戻していきます。

また、イオン導入器もほうれい線ケアに適した美顔器の一種です。これを使うと化粧品などの美容成分が肌の奥まで浸透するため、乾燥などの肌ダメージ回復に効果を発揮し、ほうれい線対策にもつながります。

他にも、顔の筋力低下を防いでほうれい線対策を行うアイテムもあります。マウスピースのようなものを口にくわえ、その状態で口を動かすことによって顔の筋肉を鍛えていきます。家の中で別のことをしながらでも利用できるので、手軽に試せるグッズと言えます。値段も美顔器に比べるとリーズナブルなものが多いです。

美顔器でほうれい線ケアするメリット、デメリット

美顔器を使ってのほうれい線ケアは、肌のハリ回復や肌トラブルの解消などもちろんメリットもありますが、一方でデメリットもあると言えます。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

まず、メリットは前にも述べた通り、肌ケアに対して高い効果を期待できるところ、それでいてエステに通うよりは安価で済むところです。しかも小型のものが多く、手軽にケアが行えて続けていきやすいというのも嬉しいポイントです。

デメリットとしては、使い方を誤ると逆に肌トラブルを招いてしまう点や、金属アレルギーや持病など体質によっては使用を避けた方が良いケースもあることなど。ます。説明書をよく読んで、正しい方法で使用するようにしましょう。体質等で不安なことがある場合は、使用する前に医師に相談してみてください。

デメリットのことを考えると少々不安になってしまうかもしれませんが、美顔器を使うことでより多くのメリットを得ることもできます。メリット、デメリットを考慮して自分に合ったアイテムを利用し、ハリのある若々しい肌を保っていきましょう。