5_a_21

最近、急に寒くなってきましたね。季節は少しずつ冬に向かっています。そんなこの時期に、多くの女性が頭を悩ませること。それが「乾燥」です!

乾燥ということは、普段よりお肌の水分が足りていない状態だから、いつもの化粧品を多めに使っているという方も多いのでは?

乾燥対策としてはそれも一理ありますが、それだけでは十分なケアになっていない場合も…。

ここでは、乾燥知らずになるためのヒミツを教えちゃいます♪

乾燥肌の季節がやってくる!乾燥によって起こる肌トラブルとは?

あつーい夏がやっと終わった! と思ったら、季節はもう冬の一歩手前。時間が過ぎるのはあっという間ですよね。

この時期に、特に急増すると言われている肌トラブル。その理由は「乾燥」です。乾燥は、ただ肌がカサカサするだけではありません。乾燥肌になると、お肌に色々な不調が起こると言われているんですよ!

まず、乾燥と言えば思いつくのが「シワ」。乾燥してお肌の水分量が減ると、肌の弾力がなくなりシワが増えてしまいます。その結果、一気に老けた印象になってしまい、実年齢よりも老けて見られたりしてしまうそうですよ。

その他には、乾燥によって肌が痛くなったりかゆくなったりする場合もあります。乾燥が原因で肌のバリア機能が低下し、刺激を受けやすくなるのでダメージに過敏に反応してしまうんですって。

そして、「ニキビ」も乾燥が関係している場合があります。ニキビは、どちらかというと乾燥よりも脂っぽいイメージですが、「大人ニキビ」は乾燥と深く関わりがあると言われているんですよ。

また、「シミ」も乾燥と関係しています。肌が乾燥してターンオーバーが乱れてしまうと、メラニン色素がスムーズに排出されなくなり、シミができて濃くなって大きくなり、増えていく…という悪循環に陥ってしまうそうです。

冬は特にスキンケアに気をつけるべき!肌に水分を与える方法

年中同じようなスキンケアをしているそこのアナタ! 夏と冬では、乾燥や気温によってお肌の状態は全く違います。季節によってスキンケアを変える必要があるってご存知でしたか?

その中でも、特に気をつけたいのが「冬」。冬は、お肌が冷たい風にさらされるのでカサカサ肌になる、というだけではありません。夏や秋に浴びた紫外線ダメージが、冬の乾燥で追い打ちをかけるんですって!

一見、お肌の表面は潤っているように見えるかもしれませんが、奥深くの水分量が足りていない場合が多いんです。なので、肌の奥まで保湿するポイントを3つ紹介します!

まず1つ目は、毎日きちんと角質のケアをおこなうことです。お肌に潤いを与えるために、化粧水をたっぷりお肌につけていても、余分な角質が残ったままでは有効成分がスムーズに浸透していきません。お肌を柔らかくして浸透力を高めるためにも、毎日の角質ケアはとても大切なんですよ!

ピーリングをしてもよいのですが、洗顔は多めの泡でおこない、化粧水をつける前に拭き取り化粧水を使うと、角質がカンタンに落とせるそうです♪

2つ目が、化粧水の他に「美容オイル」も併用することです。オイルを使うことで肌への浸透率がアップし、乾燥を防ぐことができます。

そして最後に、乳液やクリームで潤いを閉じ込めることです。洗顔後はもちろんそうですが、寝る前にもう一度乳液等をつけることで、寝ている間のケアもできるんですって♪

アンチエイジングの基本も保湿にあり!

乾燥からお肌を守るために大切な「保湿」。保湿は様々な肌トラブルを防ぎ、若々しいお肌を保つためには欠かせない、基本中の基本なんですよ!

もしも、肌に潤いが足りていない状態が続いた場合、外気や紫外線などのダメージを受けやすくなり、乾燥はもちろんシミやシワ、たるみ、ハリが無くなる、毛穴の開きが目立つようになるなど、色々な肌トラブルを引き起こしてしまうんですって。

「潤いのある健やかな肌」とは、水分と油分のバランスが整っている状態のこと。お肌が潤っているのに加えて、その潤いをキープさせることが美肌を保つためには必要です。要は、水分補給と油分補給の両方が必要不可欠なんです!

化粧水や乳液などで普段通りのケアをおこなった後で、特に乾燥がひどい冬は「潤いを閉じ込める」ケアをする必要があります。大抵の女性は、面倒だったり忙しいことを理由に十分なスキンケアをしていない方が多いそうです! 化粧水して乳液つけて終わり…では、十分なケアとは言えませんよ。

洗顔後、なるべく早く化粧水を多めにつけること、きちんとハンドプレスやコットンを使って有効成分をお肌に浸透させること。特に乾燥する冬は、スキンケアに時間をかけてあげることで、数年後のお肌に必ず違いが出てくるはずです♪