5_a_20

「エイジングケアって、私にはまだまだ先の話でしょう?」

いえいえ、エイジングケアは思い立ったが吉日! くすみやシワなど、肌の変化を感じた日からエイジングケアを始めましょう。このページでは、エイジングケアを意識し始める30代女性に向けたオススメのエイジングケア方法について紹介します。

エイジングケアってそもそも何歳から始めるべき?

「エイジングケアって、そもそも何歳から始めるべきなの?」

その答えは、非常にシンプルです。今すぐ始めましょう。人は誰でも、生まれた瞬間から紫外線や活性酸素の影響を受けはじめます。

20代前半までは、肌の新陳代謝がうまくいっているので老化を意識しないで済む方がほとんど。

ですが、25歳あたりを過ぎると徐々に肌の変化を感じる方が増えてきます。そして、30代に入ると、肌の変化がはっきりしてきます。

エイジングケアは、思い立ったが吉日! 肌トラブルが発生した、うっすらシミやシワが見つかったなどのように「ここで老化を食い止めたい!」という気持ちになったタイミングで始めましょう。

30代はエイジングケアを始めるのに最適な年代

30代に入ると、お肌にはエイジングのサインが徐々に現れてきます。以前は全く気にならなかったのに、前日の疲れがそのまま肌に出てしまっていることが多くなってきます。

加齢によるコラーゲンの減少や紫外線による変性などが、シワやたるみの原因にとなるのです。また、毛穴のたるみによって、毛穴が涙型のように開いてしまうことも…。

このように、20代では感じられなかった肌の変化が30代のお肌には生じてきます。その変化に合わせ、スキンケアもエイジングケアにシフトしていきましょう。

まず、血行不良による肌のくすみにはマッサージが効果的。保湿成分の含まれているクリームをたっぷりと使い、優しくマッサージを行いましょう。

また、適度に身体を動かすことも血行の流れが良くなります。シャワーだけで済まさず、バスタブにきちんと浸かるなど、身体を冷やさないことを意識しましょう。

シミ対策にも、一工夫が必要です。30代女性の肌には、長いあいだにわたって紫外線を浴び続けてきたダメージが蓄積されている状態。すでにあるシミには、それらを薄くする作用のあるビタミンC誘導体などが有効といえます。

また、新たなシミを防ぐためには、メラニン生成を抑制する効果が期待出来る、プラセンタエキスを取り入れてみましょう。

経済的に余裕があるなら、美顔器やエステなどの選択もあり!

30代は、肌の衰えや年齢サインを感じやすい年代。30代のエイジングケアには、保湿とエイジングサインに着目した化粧品を選び、肌のなめらかさやうるおいを保つように心がけましょう。

また、お財布に余裕があるという方には美顔器やエステなどを取り入れることも一つの手です。30代の時点では、日々のケアでお肌のエイジングを遅らせることが十分に可能です。

美顔器ならば、美容成分の浸透を高める効果が期待出来るイオン導入美顔器がオススメです。

エステならば、月に1~2回通うだけでも肌のターンオーバーを正常になり、美肌効果が期待できます。フェイシャルエステは、全身エステに比べても手頃な価格で施術を受けられるのも嬉しいところ。気になっている方はまず、数百円でも出来る「お試しコース」から始めてみてはいかがでしょうか。